お肌の悩みは人それぞれですが、いくつになってもなくなることはないですね。10代の頃のようにニキビで悩むことはなくなっても、年齢を重ねるにつれ、しみやシワ、たるみなどの悩みがでてきます。いったいどのような悩みが多いのでしょうか?幅広い年代のお肌の悩みを知れば、自分にも今後でてくる可能性の高い悩みの内容を予想することができ、前もって今のお手入れ法に取り入れていくこともできるのです。まず、10代後半から20代前半。この頃の悩みは、ニキビや毛穴に関するものが多いようです。外見を気にして必要以上に鏡とにらめっこしたくなる年代です。

20代前半くらいまでは皮脂の分泌量も多く、毛穴に余分な皮脂や汚れがつまりがち。お肌自体はまだまだきれいなため、ニキビや毛穴の黒ずみが余計に気になるのかもしれません。本格的にお肌のお手入れを始めたばかりで、お肌や化粧品に関する知識も少ないので、流行などに流され誤った情報を信じることも多いかもしれません。20代後半から30代。お肌の曲がり角という言葉もありますが、少しずつお肌の機能が低下していく年代です。しみ・くすみ・乾燥や毛穴が目立つことなどもあげられます。野外レジャーなどで長年ダメージをあたえてきたお肌に、しみとなってでてくるのもこの年代。紫外線対策の重要性を実感する時期ともいえます。

くすみや乾燥は、お肌のターンオーバーの乱れなども関係してきます。ホルモンバランスやストレス、加齢による皮脂量の低下などで肌トラブルも起こりやすくなってきているようです。また、肌のハリや弾力性を保つ真皮のはたらきも低下してきます。この年代で毛穴が目立つというのは、10代の頃のように皮脂量が多くて毛穴が開きがちというわけではなく、肌のたるみによって毛穴が縦長く帯状に開いている状態をいうのかもしれません。40代・50代は、お肌機能の低下が表面に出てくる年代です。しみ・くすみだけではなく、目の周りや口元の小ジワ、額のシワも気になってきます。

肌のたるみによってできるほうれい線なども目立ってきますし、まぶたのたるみによって眠そうな目になってしまうこともあるようです。年齢的なお肌の機能が低下するのを止めることはできませんが、日頃のお手入れによって遅らせることはできます。自分のお肌にあった方法を見つけて、毎日やさしくていねいに行うこと。「今日は疲れたからもういいや」なんて思わずに根気よく行いましょう。今日のあなたのお手入れが、5年後・10年後の自分のお肌をつくるのですから。
プロアクティブ+効果どう?私の口コミ本音体験談【ニキビ治る?】

関連ページ