住宅ローン年収と定年の関係は?

住宅ローンは年収によって借入限度額に違いが出てくるものではありますが、借入時の年齢も考慮して計算をしていく必要があります。
たとえば25歳で35年の住宅ローンを組んだ場合には60歳で完済となりますが、40歳で35年の住宅ローンを組んだ場合には完済時には75歳になります。
そうしますと、仕事も定年になっているでしょうから、年収は35年間ずっと一定というわけではなくなります。
会社によって定年が何歳になるのかは違いがあるかと思いますが、大体60歳〜65歳で定年になるところが多いので、住宅ローンを組む際には定年までの総年収についても計算していく必要があると言えるのです。
定年後に月々の返済が出来なくなってしまった...というのでは困ってしまいますからね。