脱毛サロンの勧誘を断るには?

施術予定の部分に今あるムダ毛は、前日までに剃っておくのが普通です。
毛が長いままでは、その毛に対しても光が照射されてしまうので焼焦げが起こったり、また、当日に処理をすれば、今度は毛が短すぎて効果が低くなり、どちらにしても、うまく施術が行われません。
その際の自己処理はカミソリなどを使用し、電気シェーバーを使って丁寧に処理をします。
断じて抜いてはいけません。
抜いてしまうと、光を当てるはずの毛がない状態なので、脱毛の効果が出ないのです。
高いコース料金を支払い済みで事情があり、脱毛サロンに通えなくなった際や通うこと自体を止めたくなったら、まだ途中でも解約することができるでしょう。
前払いしたコース料金は、解約時には、受け終わった分の料金を除いて返ってきますが、別途違約金を請求してくるサロンもあります。
脱毛コースの契約前に、解約についてもちゃんと理解してから契約してください。
銀座カラーに行くときは前もって施術を行う部分を処理しましょう。
脱毛サロンでメジャーな銀座カラーの光脱毛ですと、除毛されていないと施術は受けられません。
施術前にサロン側がシェービングしてくれる場合もあるものの、近頃は「事前の処理は自分で」というのが定着しているようです。
ですが、抜くのはやめてください。
施術を受ける前日までに電気シェーバーなどを使って処理をしてからサロンに向かってください。